住宅ローンの審査に通りやすい銀行はどこなのか調べてみた!

住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金は一切かかりません!という広告も目にしますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。
マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。
申し込み法は手軽にでき職場や自宅近くにある銀行でも良いですし足を運べない。
という場合はネットバンクなども良いでしょう。
または、不動産屋から紹介される金融機関にするやり方もあります。
申し込み後、審査が通り、実際の支払に移行した場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。
その場合、会社で行われる年末調整では受付できないので支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。
経営者のための住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが厳しい審査が待っています。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
また、それに加えフラット35の審査特徴として住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
色々な面から審査されるそうです。
人生で最も高い買い物といっても過言ではない、経営者のための住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。
近々、マイホームの為の融資を受けたいと思っている方も口コミが他の情報よりも分りやすく参考になる事があります。
今、一番人気は金利が最も低い新生銀行です。
低金利というのが多くの方から支持される理由でしょう。
繰上げ返済をしたい場合の手数料も無料でしてくれますし、月末までに申込みをされた方には嬉しいサービスもあります。
ですが年収1000万の方でも減額提示される事もあります。
後で後悔しないためにも今できる最善を尽くしましょう。

住宅ローン審査通りやすい銀行って?口コミ比較【職業関係ある?】